校歌「空の翼」

作曲:山田耕筰 作詞:北原白秋

学院は1929年(昭和4年)大学昇格を目指して現在の西宮市上ヶ原に移転しました。
待望の大学昇格が認可されたのは1932年(昭和7年)のことです。
このころまで校歌としてはずっと「Old Kwansei」が歌われてきましたが、借物でない日本語の校歌をとの願いから、
この機をとらえて翌8年、学生会は、新しい校歌の制定を企画し同窓の山田耕筰に作曲を依頼しました。
「よろしい。作曲料はいらない。作詞は北原白秋に頼もう。」ということで、山田耕筰は白秋を伴い学院を訪れました。
当時、ポプラの樹は、植えられてまだ4年足らず。小さくか細かったのですが、日本を代表する作曲家と詩人は、
これから大きく飛び立とうとする学院の姿をこの樹に託し、「ポプラは羽ばたく」というイメージに膨らませました。
校歌「空の翼」の発表会は山田耕筰自らが指揮をし中央講堂で行われ、白秋からは祝電が寄せられました。

 

 

1.
風に思う空の翼
輝く自由 Mastery for Service
清明ここに道あり我が丘
関西 関西 関西 関西学院

※繰り返し
ポプラは羽ばたくいざ響け我等
風 光 力 若きは力ぞ
いざ いざ いざ 上が原ふるえ
いざいざ いざ いざ上が原ふるえ

2.
眉にかざす聖き甲
萌えたつ緑 Mastery for Service
躍々更に朗らよ我が自治
関西 関西 関西 関西学院

※繰り返し

3.
旗は勇む武庫の平野
遥けし理想 Mastery for Service
新月ここに冴えたり我が士気
関西 関西 関西 関西学院

※繰り返し

 

応援歌「弦月」

作曲:大沢寿人 作詞:小野常夫・高岡章

戦争も終わり学生会活動もようやく活発になり始めた昭和23年、
応援団総部によって公募され作曲されたのが、応援歌「弦月」です。

 

1.
 弦月高く 空に冴え
 見よ 若き血は 花と咲き
 今 雄の 雄叫びに
 かしまし鳥の 群るも
 羽音ひそませ 姿なし
 征け 征け 友よ、いざ征きて
 勝ちどき高く 叫べかし
 誇りに刻む その名関西
 ああ 吾が母校
 関西 関西 関西学院

2.
 勝たんが為に 狭量の
 正義にする 世の慣い
 ああ 独り弦月の
 高くかかげし 公明と
 正大の気や 天に満つ
 征け 征け 友よ、いざ征きて
 勝ちどき高く 叫べかし
 永遠に刻む その名関西
 ああ 吾が母校
 関西 関西 関西学院
 

応援歌「新月旗の下に」

作曲:石田清和喜 作詞:武石幸雄

応援歌「新月旗の下に」は昭和29年、学院創立65周年を記念して、
応援団総部と新聞総部が中心となって歌詞を公募し、20篇ほどの作品の中から選ばれました。
作曲も、公募作品20曲ほどの中から選定されたものです。

 

1.
若いみどりの朝風に
鳴れ 伝統の旗の風
光と競う 尽きせぬ力
日に夜をつぎし 精華の誇り
栄光つねに我とあり
力 力 その名
関西学院 関西学院

2.
いざ 新月の旗の下
立て 歴戦のつわものら
岩打つ波音 高ければこそ
八千枝の緑葉 汝等を讃う
勝利はつねに共にあり
伝統 伝統 その名
関西学院 関西学院

3.
執れ 必勝の旗印
試練の嵐 哮るとも
厳と固き 我等は強し
昨日東に 今日また西に
凱歌はつねに我とあり
栄冠 栄冠 その名
関西学院 関西学院

応援歌「打ち振れ旗を」

作曲:山田耕作 作詞:竹中郁

応援歌「打ち振れ旗を」は、昭和34年、学院創立70周年記念に
応援団長が学生会長等と相談して企画したものです。
作詞は同窓の詩人、竹中郁。山田耕作が関西学院のために作った最後の曲です。

 

1.
 若人 手に手に 打ち振れ旗を
 我らの旗を 力の旗を
   起て 起て
   燃えよ 風と我等
 
 ※繰り返し
 関西学院
 おお トラッ ラララ 我等

2.
 新月めざして ポプラよとどけ
 我等の丘に 光の丘に
   鳴れ 鳴れ
   冴えよ 技と我等

 

※繰り返し

3.
 命はこの胸 轟け 響け
 我等の胸に ときめく胸に
   はれ はれ
   いまぞ 胸を我等

 

※繰り返し

応援歌「弦月さゆる高台に」

このページを見るにはMIDIプラグインが必要です。

作曲:梅谷忠洋 作詞:北山直樹 補作詞:篠田弥寿子、森田光照

昭和54年、学院創立90周年を記念して、
「打ち振れ旗を」から20年ぶりに作られたのが「弦月さゆる高台に」です。
これが一番新しい応援歌です。

 

1.
弦月さゆる高台に
闘志・情熱・誇りの三文字
母校のために 力の限り
燃ゆる血潮のこの腕で
今だ、勝利の雄叫びだ

※繰り返し
ファイト!ファイト ファイト 関学
関西学院

2.
 気迫みなぎる若人よ
 努力・団結・試練の三文字
 我らが裡で鍛えぬき
 鉄をも溶かす闘志持て
 今だ、涙の雄叫びだ

 

※繰り返し

3.
 燃ゆる雄姿のこの胸で
 勝利・栄光・飛躍の三文字
 母校のために 力を尽くし
 命の限り 戦わん
 今だ、歓喜の雄叫びだ

 

※繰り返し

逍遥歌「四季有情」

作曲:曽山一夫 作詞:楠瀬敏彦

逍遥歌「四季有情」は、1989年、学院創立100周年を記念して、
体育会OBクラブと応援団総部OB会である新月会が共催し、詩を募集して作られました。
作詞は本学経済学部名誉教授の楠瀬敏彦先生、作曲は関西学院宗教音楽主任の曽山一夫先生。
又、吹奏楽の為の編曲は、吹奏楽部の学生指揮者であるイマイリョウジ君が手掛けて作ってくれたものです。

 

1.
 桜並木に春薫り
 若人集う上ヶ原
 万里来りし先人の
 原田の森の夢遥か
 いしずえ堅くうち立てし
 伝統とわに花と咲く

2.
 天地輝き夏燃える
 緑の風の蝉しぐれ
 憩いのときを語らえば
 青春の意気そら高く
 ポプラ陽に照り風に鳴り
 群像乱舞歌い和す

3.
 窓辺によれば秋深み
 雲なく清(すが)しわが思い
 古今の真理きわめなん
 学業日々に難けれど
 「錬達・奉仕」今日ありて
 甲麓専心明日を期す

4.
 六甲やまなみ冬冴えて
 万象凍てしキャンパスに
 鐘鳴りわたる時計台
 歳月星霜移ろいて
 風月荒き世にもまた
 新月ともに仰ぎ見ん

「Fight On Kwansei」

1.
Fight on Fight on for dear old Kwansei
We'll win for our alma mater grand
Fight on Fight on for dear old Kwansei
for her we'll take our stand
Fight hard so we will win the game
Fight clean and be proud of the victor's name
We'll Fight on Fight on for dear old Kwansei
the best school in the land

応援歌「大空に高く」

夜空を眺め、友を想いながら思わず口ずさむのがこの応援歌です。
野球応援の8回攻撃時を始め、現在では様々な応援で使用されています。

 

1.
大空に高く 高く
冴ゆる月清し 清し
友よ公明正大の
輝けるを見よ
友よ公明正大の
輝けるを見よ

2.
若人の意気は 意気は
岩をも通す 通す
行け行け 我が友
勝ちは我にあり
行け行け 我が友
勝ちは我にあり

「関学勝利の歌」

関学のマスコットである、スマート・スピーディー・ハンサム三拍子揃ったエイトマン。
そのエイトマンのリズムに乗せた歌です。

 

1.
ファイト ファイト関学
ファイト ファイト関学
光る海 光る大空 光る大地
行こう無限の 地平線
進め関学 何よりも強く
振るえその腕を 熱血の腕を

2.
ファイト ファイト関学
ファイト ファイト関学
呼んでいる 呼んでいる 勝利の女神
集う精鋭 旗の下
誇れ関学 天よりも高く
響け 轟け 勝利の歌よ

ファイト ファイト関学
ファイト ファイト関学